株式会社ディーツーの業務の流れ

Flowchart

01 ご相談
お問い合わせ
建築物が完成するまでの大筋の流れを表記します、建築物の用途により流れは違いますが、ここでは一般個人住宅の新築工事を例と致します。
ご相談はお気軽にまずメールでお願いいたします。その後、初回面談・ヒアリングで事務所にお越し頂ける日時について弊社からご連絡させていただきます。
02 面談
ヒアリング
建築、リフォーム、新築、土地、事業展開、相続対策等、あらゆるご相談を承ります。
ご計画のお話について伺います。この段階では具体的な内容が未定の場合も多いため簡単な調査やアイデアなどをご要望に合わせてお話し出来ればと思います。
ご相談や、打ち合わせを通して双方の方向性が明確になり合意の上で次のステップのプレゼンテーションご提案を希望されるか決めていただきます。
03 敷地調査(提案準備) 敷地を見学させていただき、周辺環境の様子、敷地図との照合(敷地図がない場合は実測します)を行います。
インフラ整備状況、法規制等を行政との打ち合わせなどを行いながら調査いたします。
プレゼンテーションご提案後に設計監理業務を依頼されない場合は調査費及び交通費につきましては実費ご清算お願い致します。
04 プレゼンテーション
提案
基本的な提案を致します。縮尺1/100程度の平面スケッチと模型を作成して提案内容を説明させていただきます。
但し提案内容は決定案ということではありませんので次の基本設計の段階で再提案も致します。
プレゼンテーションご提案後に設計監理業務を依頼されない場合は提案料として10万円(税別)をご清算お願い致します。
0.5~1ヶ月
05 設計・監理契約 提案内容、弊社の設計監理業務内容等を基に方向性を確認していただき、今後設計を進めていきたいと思われ、双方の合意が出来ましたら、弊社と設計監理業務委託契約を結んでいただき基本設計に入ります。
06 基本設計 打ち合わせを繰り返しながら建物の配置、平面プラン、断面、各部の寸法、設備システム、主な材料や機器を含め内観と外観を決めていきます。
この期間での重要な作業の一つの予算配分、コストをかけたいところ、かけなくてもよいところを細かく打ち合わせを重ねていきましょう。
クライアントの皆様は最もエネルギーを注ぎ込まれる期間だと思いますので、夢の実現に向けて大いに楽しみながら進めていきたいですね!
1~1.5ヶ月
07 基本設計の調整 外部及び室内に取り付く機器の位置、寸法などの最終チェックで特に細かい打ち合わせを数回行います。
基本設計図で概算見積をとり予算とのバランス等を検討し、削れるもの、増やせるもの等を検討したうえで設計内容を決めていきます。
0.5ヶ月
08 実施設計 工事費の見積もり及び施工に必要な建築、電気設備、給排水設備、空調設備、その他で詳細な図面、仕様書の作成業務です。
2~3ヶ月
09 見積依頼・確認申請 施工会社に実施図面を渡し本見積もりを依頼します。見積もりに関する質疑応答対応を行います。見積書提出まで1ヶ月程度
建物に関わる各申請届出業務を行います。役所もしくは指定確認検査機関、諸官庁、消防署、その他届出。確認済証交付まで1.5ヶ月程度
1.5ヶ月
10 施工会社選定 施工会社からの本見積書の内容チェックと調整に加え、仕事の質や会社の状況等を比較検討しながら依頼会社を見極めます。
目標金額に納まるようにコスト調整を行い施工会社を決定し、施工会社との工事請負契約の締結に至るまでクライアントをサポートします。
1ヶ月
11 工事請負契約 弊社立会いのもと施工会社と工事請負契約を取り交わします。
12 工事着手・工事監理 地鎮祭(起工式)
基礎工事、構造体工事、屋根工事、外装工事、内装工事、外構工事、電気工事、給排水工事、空調工事、その他の工事等に関して、概ね週に一度の間隔で打ち合わせ・会議・現場検査等を繰り返します。
4~6ヶ月
13 完了検査 施工会社自主検査 役所もしくは指定確認検査機関、諸官庁、消防署の検査 設計監理会社検査 建築主検査
1週間
14 建物の完成・引き渡し 鍵の受け渡し、引き渡し書類、各検査済証の交付、完成図書の提出、取扱説明等を行います。
15 維持・管理へのご協力 施工会社による1年検査に立ち会います、また10年間の住宅瑕疵担保責任の保証も有りますので修繕、不具合などが出ましたら速やかに対応いたします。
建築も同じ生き物だと思います、出来るだけ長く豊かな生活を共に歩んでいただける為にもクライアントの皆様のアフターケアもお願いいたします。